青汁の成分

健康に良いというイメージの青汁ですが、一昔前は独特の味から飲みづらいという理由で嫌煙されがちなものでした。
ですが、最近では味の改良も進み、非常に飲みやすいものになっています。


そんな青汁は、様々な青葉を使用した飲み物なので、普段の食生活で不足しがちな栄養素を補い、健康な身体を保つことにも繋がります。
今回は、どのような成分が含まれているのかを紹介させていただきます。


青汁と一括りにしても、物によって使用されている青葉に違いがあります。
主に使用されている物として有名なのが大麦若葉やケールなどですが、使用されている物に違いがあっても含まれている成分に共通している物もあります。


特に含まれている成分として挙げられているのがビタミンやミネラル、食物繊維などです。
その全てが人が生きていく上ではとても大切な成分です。
ビタミンにも様々な種類がありますが、青汁にはビタミンCやビタミンBやビタミンAなど、いくつものビタミンが豊富に含まれています。


また、ミネラルも不足してしまうと身体に影響を及ぼす成分です。
青汁にはカリウムが含まれており、通常カリウムは調理を行う過程で失われることが多い為、生野菜を原料に作られた青汁であれば、飲むだけでカリウムを摂取することができます。


さらに、青汁には食物繊維が含まれており、腸を刺激し、便の排出を促してくれる効果があるので、便秘を予防することも出来ます。
現代人は野菜不足が深刻化しており、青汁は普段多くの野菜を摂取することが難しい人にとっては不足しがちな成分が手軽に摂取できる飲み物です。


<管理人推薦リンク>
様々な青葉を使用した飲み物である青汁を比較して検証しているサイトです → 青汁の比較